オーガニック化粧品なら肌に優しくエイジングケアができる?

エイジングケアでは肌に負担をかけずにケアしていくことが最大のテーマだとよく言われます。

原材料を有機栽培によって育てている製品のことをオーガニック化粧品と呼んでいる

40代、50代にもなると老化の影響がかなりはっきりと見られるようになるため、肌に合わない化粧品を使ってしまうとトラブルの直接の原因となってしまうことが多いのです。

 

高い製品であればあるほどいい、とはいえなくなるのもエイジングケアの大きな特徴です。

 

それだけに低刺激で肌に優しい製品が求められているわけですが、その需要に応える形でさまざまなメーカーから発売される機会が増えているのがオーガニック化粧品です。

 

肌に優しいことを全面に押し出し、加齢で衰えた肌本来の力を取り戻し、トラブルを土台から改善していけるメリットが強調されています。

 

その意味ではエイジングケアに適した選択肢ともいえるわけですが、一方で「オーガニック化粧品とは何か?」と言う基本的な部分が曖昧になっている面もあります。

 

無添加化粧品、自然派化粧品といったジャンルとの区別がつきにくく混同されて使われていることも少なくありません。エイジングケアに使用する際にはまずオーガニック化粧品とはどんなものなのかを知っておきましょう。

 

もともと「オーガニック」とは「有機」という意味で、原材料を有機栽培によって育てている製品のことをオーガニック化粧品と呼んでいます。

 

なので自然派化粧品と通じる部分があるのですが、オーガニック化粧品は原料の栽培に化学肥料や農薬を使っていないという点で徹底しています。

 

また、無添加化粧品は防腐剤や合成界面活性剤、合成香料などの添加物が使用していない化粧品のことで、必ずしも自然由来の成分を使っているとは限らない点に大きな違いが見られます。

オーガニック化粧品だからと言って100%オーガニック栽培とは限らず、またアレルギーの心配もある

ただ注意したいのはオーガニック化粧品といっても100パーセントオーガニック栽培の原材料を使用しているというわけではない点です。

 

水分はもちろん、化学物質が配合されている製品も多く、むしろ本当の意味でも100パーセントオーガニックな化粧品はほとんどないといってもよいでしょう。しかも日本ではオーガニック化粧品に関する明確な定義がなく、極端な話メーカーがオーガニック化粧品と名乗ればオーガニック化粧品になるという状況です。

 

しかも植物由来の成分だからと言って安全とは限りません。植物のエキスにはアレルゲンとなる物質が含まれていることもあり、肌質によってはアレルギー反応を行うリスクもあるのです。

 

ですからオーガニック化粧品は正しく使えばエイジングケアに適しているのですが、本当に自分の肌に合ったものを選ぶことが大前提というなかなかに難しい面もあるのです。

50代で使ってみたい美容液口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ50代におすすめの美容液

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のしわ・たるみに!100%美容成分だけの高濃度美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

ヴィーナスプラセンタ原液

即ハリ実感!プラセンタを始め3大美肌成分を100%原液配合した無添加美容液
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

スキンケア ジェル NMバランス

スキンケア ジェル NMバランス

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

HAKU メラノフォーカスV

止まらない隠れジミの出現に!14年連続売上1の美白美容液
Web限定1ヵ月トライアルサイズ3,996円・税込(お試し20g+詰め替え用ボトル)
>>公式HPで詳しく見てみる!