プチプラ化粧品でもエイジングケアはできる?

エイジングケアへの関心が高まっていることでさまざまなメーカーからエイジングケア目的の製品が発売されています。

工夫次第では高価な化粧品でなくても、プチプラの化粧品でもエイジングケアは十分できる

どれも老化の予防やシワ、たるみ、シミ対策にいかに優れているかがしきりにアピールされているわけですが、その一方で価格が気になります。

 

最新の製品、人気ブランドの製品の中にはかなり高価なものも多く、使い続けるのは経済的な負担が大きすぎる面もあります。

 

老化がはじまった体はその後ずっと老化を続けていくわけですから、エイジングケアを途中でやめるわけにはなかなかいきません。その意味でも買い続けられる範囲内で製品を選んでケアを行っていくことが求められます。

 

年齢を重ねた肌にはさまざまな問題を抱えているためその対策のためにさまざまなアプローチでのケアが必要、とのイメージも強く、幅広いアプローチを行っていくために開発されたエイジングケア化粧品が高価なのも仕方がないと考えている方も多いかもしれません。

 

ただ実際には高価な化粧品でなければエイジングケアができないというわけではなく、うまく工夫すれば安価な化粧品、それこそプチプラ化粧品と呼ばれる1000円前後くらいで購入できる製品でも十分ケアしていくことができます。

高価な化粧品は開発費や宣伝費など回収する必要がある費用が価格に反映されてることも

高価な化粧品とプチプラ化粧品の違いは大きく分けて二つ、最新の有効成分が配合されているか、いろいろな種類の成分が幅広く配合されているか、です。

 

最新の研究によって開発された有効成分が配合された製品はその開発費を回収する必要があることから値段が高くなりますし、多くの成分が配合されていればいるほど高価になるのも当然といえば当然です。

 

プチプラ化粧品は以前からスキンケアに広く用いられているおなじみの成分を厳選して配合することで低価格を実現しているのです。

 

ただ最新の成分が必ずしも高い高価を発揮するとは限りませんし、たくさんの種類の成分が配合されていてもそのすべてが高価を発揮するとも限りません。

 

逆にたくさん配合されていることで肌に負担がかかってしまう恐れもあります。よくエイジングケアではシンプルなケアが大事と言われますが、この点はむしろプチプラ化粧品の方が適しているともいえるのです。

 

ですからプチプラ化粧品でエイジングケアを行っていく場合には自分に必要な成分をしっかり確認したうえでそれを補うことができる製品を選びましょう。余計な成分は必要ないと割り切って必要な成分だけを選んでいくのです。

 

それから量をケチらないこと。とくに化粧水は高価なものを惜しんで使うよりも安価なものをぜいたくに使ったほうがよいとも言われます。必要な成分をぜいたくに補うことができる、そんな自分にとって最高のプチプラ化粧品を探してみましょう。

50代で使ってみたい美容液口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ50代におすすめの美容液

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のしわ・たるみに!100%美容成分だけの高濃度美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

ヴィーナスプラセンタ原液

即ハリ実感!プラセンタを始め3大美肌成分を100%原液配合した無添加美容液
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

スキンケア ジェル NMバランス

スキンケア ジェル NMバランス

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

HAKU メラノフォーカスV

止まらない隠れジミの出現に!14年連続売上1の美白美容液
Web限定1ヵ月トライアルサイズ3,996円・税込(お試し20g+詰め替え用ボトル)
>>公式HPで詳しく見てみる!