エイジングケアに繋がるUVケアは?50代はどんな日焼け止めがいい?

紫外線吸収剤はUVカット効果は高いものの化学変化の作用が肌へ負担を掛けることも

50代のUVケアはエイジングケアに直結する大事なポイントです。

 

肌の老化の最大の原因は紫外線といってもよいくらいですし、老化によって刺激に敏感になってしまっている肌に紫外線のダメージが加わるとシミ・くすみのほかたるみやシワといったさまざまなトラブルを引き起こす原因にもなってしまいます。

 

では50代のUVケアではどんな点に注意が必要なのか?まずは日焼け止め選びから見直してみましょう。

 

日焼け止めは当然紫外線をしっかりと防げることが大前提なのですが、効果が強いものを選べばよいというわけではないのが難しい点です。それは紫外線を防ぐ効果が強いほど肌への負担が大きくなってしまう面もあるからです。

 

日焼け止めの種類には大きく分けて紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があり、それぞれ紫外線を防ぐメカニズムが異なります。

 

このうちUVカット効果に優れているのは紫外線吸収剤の方で、皮膚の表面で浴びた紫外線を吸収したうえで化学反応によってエネルギーに変えて放出する作用を備えています。これによって紫外線のダメージが肌の内部にまで入り込んでいくのを防ぐことができるのです。

 

UVカット効果という点では非常に優れているのですが、この化学反応の過程で肌に負担をもたらしてしまう面があり、50代の敏感な肌に使用するとメリットよりもデメリットの方が強く出てしまう恐れがあります。

紫外線散乱剤は皮膚の表面で紫外線を跳ね返す。比較的肌への負担が少なめ

一方紫外線散乱剤は皮膚の表面で紫外線を跳ね返す作用を持っています。

 

このタイプの日焼け止めは「ノンケミカル」と表記されていることが多いのですが、紫外線吸収剤のように化学反応をもたらすわけではないので肌への負担が少ないのがメリットです。ただUVカット効果そのものはやや劣ります。

 

ですから基本的には紫外線散乱剤タイプの日焼け止めを使用しつつ、レジャーなど日差しを浴びやすい特別な機会には紫外線吸収剤でしっかりカバーする、そんなケースバイケースの使い分けがおススメです。

 

では紫外線対策がうまくいかずうっかり日焼けしてしまった場合にはどうすればいいのか?そんなうっかり日焼け後のケアではまず日焼けした部分を冷やすことが第一です。

 

日焼けはいわば軽い火傷ですから、冷やすことで肌へのダメージを軽減することができます。そのうえでターンオーバーを活性化させる成分が配合されたスキンケア製品でケアしていきましょう。

 

メラニン色素を排出してシミを防ぐためです。ただ日焼けした直後は刺激に敏感になっているのでいきなりスキンケアをしっかり行うのではなく、2〜3日は敏感肌用の肌に優しいスキンケア製品で日焼けのダメージが落ちつくのを待った上ではじめるようにしましょう。

50代で使ってみたい美容液口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ50代におすすめの美容液

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のしわ・たるみに!100%美容成分だけの高濃度美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

ヴィーナスプラセンタ原液

即ハリ実感!プラセンタを始め3大美肌成分を100%原液配合した無添加美容液
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

スキンケア ジェル NMバランス

スキンケア ジェル NMバランス

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

HAKU メラノフォーカスV

止まらない隠れジミの出現に!14年連続売上1の美白美容液
Web限定1ヵ月トライアルサイズ3,996円・税込(お試し20g+詰め替え用ボトル)
>>公式HPで詳しく見てみる!