エイジングケアのために気を付けたいクレンジングと洗顔方法は?

クレンジング環境を見直す場合は、まずメイク環境そのものから見直したい

メイクを落とすにはクレンジングが必要です。メイクをしっかり落とさないと肌に負担をかけてしまうだけでなく、毛穴を詰まらせてにきびの原因にもなってしまいます。

 

メイクをしたまま就寝してしまうと大きな負担になるのでエイジングケアの観点からもクレンジングは欠かせないわけですが、逆にクレンジングの負担にも気をつけなければなりません。

 

クレンジングにはメイクをしっかり落とすための洗浄力が必要になるわけですが、その洗浄力が肌に刺激をもたらしてしまうこともあります。

 

ですからあくまで肌に過剰な刺激を与えない範囲内でクレンジングを行っていかないとこの段階で肌トラブルの原因を作ってしまうことになりかねません。これではいくら化粧水や美容液にこだわっても十分なエイジングケアはできないでしょう。

 

となるとポイントは自分の肌に合ったクレンジングを選ぶことと、そのクレンジングで落とせる範囲内でメイクをすることです。

 

単に低刺激のクレンジングに切り替えるだけではメイクを落としきれない恐れがありますから、クレンジング環境を見直す場合にはメイク環境も含めてチェックしていく必要があるのです。

 

シミやシワといったトラブルを隠そうとついつい厚塗りになってしまっている方はこの点が重要なポイントとなるでしょう。

クレンジングのタイプや特徴を知り、自分の肌とメイク環境にあったクレンジングを行いたい

肌に合うクレンジング選びではタイプごとの特徴を踏まえておくことがまず大事です。もっとも広く使用されているのはオイルクレンジングと呼ばれているタイプで、洗浄力に優れている一方少々刺激が強いのが難点です。

 

乾燥肌・敏感肌の方は避けたほうがよいのはもちろん、もしかしたらこのタイプのクレンジングを使っていることが乾燥とバリア機能の低下をもたらす原因になっている可能性もあるので気をつけましょう。

 

低刺激で注目を集める機会が増えているのがミルクタイプです。オイルが控えめで肌に負担をかけずにメイクを落としていくことができます。ただ洗浄力が弱めなのでメイクをしっかり落とせるかどうかがポイントです。

 

もうひとつ、洗顔にも気をつけましょう。ダブル洗顔を行う場合にはクレンジングと洗顔料の両方の刺激が負担をかけてしまうこともあります。ダブル洗顔を行う場合と、洗顔のみを行う場合で使用する洗顔料を変えるなどの工夫をしてみましょう。

 

またちょっとした外出や家で過ごすときなど薄めのメイクで済ませる場合にはクレンジングと洗顔料を兼ねた製品を使うとダブル洗顔の負担を避けながらメイクを落としていくことができるのでお勧めです。

50代で使ってみたい美容液口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ50代におすすめの美容液

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のしわ・たるみに!100%美容成分だけの高濃度美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

ヴィーナスプラセンタ原液

即ハリ実感!プラセンタを始め3大美肌成分を100%原液配合した無添加美容液
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

スキンケア ジェル NMバランス

スキンケア ジェル NMバランス

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

HAKU メラノフォーカスV

止まらない隠れジミの出現に!14年連続売上1の美白美容液
Web限定1ヵ月トライアルサイズ3,996円・税込(お試し20g+詰め替え用ボトル)
>>公式HPで詳しく見てみる!