50代ではどんな洗顔料を選べば良いのでしょうか?

50代になるとどれだけ若々しい外見を維持できている人でも肌の衰えとは無縁でいられません。そのため洗顔料選びにおいても年齢に相応しいものを選ぶ必要があります。では50代に相応しい洗顔料とはどういったものなのでしょうか。

肌のバリア機能が低下し、刺激に弱い年齢肌には低刺激な洗顔料を

最大のポイントはやはり刺激が少ないこと。30代から加速していくヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンといった保湿成分の減少に加え、40代以降になると皮脂の分泌量を減っていくため肌が乾燥しやすい状態になります。

 

その結果肌のバリア機能が低下し、刺激に弱い状態になってしまうのです。そのためにもエイジングケアに保湿が欠かせないわけですが、その土台となる洗顔において肌に負担をかけすぎないことが大事です。

 

いくら低刺激の化粧水や美容液、オールインワ化粧品を使用していても洗顔の時点で肌に負担をかけてしまっているようでは充分なエイジングケアは望めません。

 

特にただでさえ分泌量が低下している皮脂を落としすぎない適度な洗浄力が求められます。アミノ酸系の洗浄成分がおすすめです

50代の洗顔料選びでは、美容成分も補える洗顔料かも確認する

50代美容液洗顔料選び

それから美容効果。40代までのスキンケアでは洗顔で汚れをしっかりと落とし、化粧水や美容液で保湿成分や抗酸化成分などを補う方法が理想的とされています。

 

しかし肌の衰えやトラブルが進行した50代の肌では洗顔料の段階でも美容成分をうまく補っていきたいところ。

 

とくに洗顔による乾燥を防ぎ、肌のバリア機能を維持する効果を持つセラミドが重要なポイントとなります

 

判断が難しいのはピーリング効果。シミの悩みを抱えている年齢肌にはピーリング効果を備えた洗顔料がおすすめです。メラニン色素が沈着した部分の皮膚を剥がし、肌の再生を促すことが出来るからです。

 

ターンオーバーが乱れがちな50代の肌に適した選択肢といえます。ただし、皮膚の表面を剥がすために意図的に刺激の強い成分を塗布するため、極端な乾燥していたり、敏感肌の状態になっている人は避けた方がよさそうです

 

その辺は肌質や健康状態を踏まえるほか、刺激の少ないピーリング成分を使用した洗顔料を選ぶなどして判断するようにしましょう。

50代で使ってみたい美容液口コミランキング

 

コスメルジュ編集部が選んだ50代におすすめの美容液

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のしわ・たるみに!100%美容成分だけの高濃度美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

ヴィーナスプラセンタ原液

即ハリ実感!プラセンタを始め3大美肌成分を100%原液配合した無添加美容液
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

スキンケア ジェル NMバランス

スキンケア ジェル NMバランス

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

HAKU メラノフォーカスV

止まらない隠れジミの出現に!14年連続売上1の美白美容液
Web限定1ヵ月トライアルサイズ3,996円・税込(お試し20g+詰め替え用ボトル)
>>公式HPで詳しく見てみる!