50代の化粧水の効果的な選び方のポイント

50代になったらまず肌に刺激を与えないことを重視してスキンケア製品を選んでいく必要があります。

 

老化がますます進行している以上30代、40代に増してエイジングケアが必要になるわけですが、その老化が肌のバリア機能を悪化させてしまっているため、刺激が強い製品を使用してしまうと効果を得るどころか逆効果になってしまう恐れもあるのです。

 

また50代半ばくらいまでは更年期真っ只中、ホルモンバランスの乱れによって肌が刺激に対して敏感になっているケースも多いのでこの点を最優先に選んでいくことが大事なのです(参照:50代で選びたい化粧水)。

50代の洗顔後の無防備な肌に負担をかけない低刺激な化粧水を選ぶ

50代美容液化粧水の選び方

化粧水は洗顔料のすぐ後に使用するスキンケアイテムだけにとりわけ低刺激であることが求められます。合成界面活性剤や防腐剤といった肌に負担をかける恐れがある添加物がなるべく配合されていないものを選ぶよう心がけましょう。

 

それからもうひとつ注意したいのがエタノール(アルコール)の存在。

 

年齢肌だけでなく乾燥肌・敏感肌の化粧水選びにおいても重要なポイントですが、エタノールは肌を引き締める効果を備えている一方で水分を蒸発させてしまう作用もあるので50代の方は避けた方が無難です

保湿は他のアイテムでも可能なので、毛穴トラブルに対処できる収れん化粧水を

50代美容液化粧水の選び方

収れん化粧水を使用するか、保湿化粧水を使用するかの選択も大事です。一般的に考えれば老化による乾燥が加速している50代の肌には保湿化粧水の方が適しているイメージもあります。

 

ただ保湿対策は美容液、乳液、クリームで行うことも可能ですから、化粧水では収れん化粧水で肌のたるみやキメの低下、毛穴の開きといったトラブルを改善するのもひとつの選択肢です。

 

洗顔後に毛穴が開いた状態をそのままにしておくとそこから汚れや雑菌が入りやすいですから、保湿化粧水だけにこだわらず乾燥状態など肌環境をよく踏まえたうえで適切な方を選びましょう。

 

なお保湿化粧水を使用する場合にはヒアルロン酸とコラーゲンをどれだけうまく補えるかが大事なポイントです。

 

セラミドは油溶性なので化粧水との相性はあまりよくないため、この2つの成分を補うことが化粧水における保湿対策の鍵となります。含有量はもちろん、浸透性などにも着目したうえで判断したいところです。

50代で使ってみたい美容液口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ50代におすすめの美容液

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のしわ・たるみに!100%美容成分だけの高濃度美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

ヴィーナスプラセンタ原液

即ハリ実感!プラセンタを始め3大美肌成分を100%原液配合した無添加美容液
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

スキンケア ジェル NMバランス

スキンケア ジェル NMバランス

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

HAKU メラノフォーカスV

止まらない隠れジミの出現に!14年連続売上1の美白美容液
Web限定1ヵ月トライアルサイズ3,996円・税込(お試し20g+詰め替え用ボトル)
>>公式HPで詳しく見てみる!