首のシワにも美容液が効果的?首のシワを解消するには?

首のシワが年齢があらわれやすい部分だけにエイジングケアの一環としてケアを取り入れたうえで顔と同じくらい重視していく必要があります。

首は紫外線対策を怠りがちなのでしっかりケアをすること

そんな首のシワの予防・解消ではスキンケアだけでなく、生活習慣全般を視野に入れて適切な対策を取り入れていくことが大事です。首はどうしても広範囲ですから、化粧水にしろ美容液にしろ使う量が多くなります。

 

また襟やマフラー、ストールなど衣服と接触する部分が多く、スキンケア製品をしっかりと塗付したうえでその状態を維持するの、というのも難しいものです。

 

ですからスキンケアでしっかりケアするのはもちろんですが、うまく他の方法も組み合わせていきましょう。

 

スキンケアでの対策ではまず紫外線対策をこれまで以上に強化しましょう。顔にはしっかり日焼け止めを塗っているのに首はおろそか、という人も多いはず。

 

また帽子は顔の紫外線を防ぐことはできても首は無防備になってしまうことも少なくありません。肌を露出する部分が多くなる夏場では首だけでなくデコロテも含めて紫外線対策を行っていく必要もあります。

 

その日の天候や外出して日差しを浴びる時間を考慮したうえで適切な日焼け止めを使用しましょう。

スキンケアだけでなく、姿勢などにも注意してリンパマッサージなども取り入れる

そのうえで保湿対策を重視してスキンケアを行っていきましょう。乾燥によるバリア機能の低下は紫外線のダメージを増やす元凶ですし、衣服との接触などによる刺激に対してダメージを受けやすくしてしまいます。

 

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった代表的な保湿成分はもちろん、スクワラン、エラスチンなどバリア機能や肌のハリの改善にも役立つ成分を取り入れていきましょう。

 

その一方で美容液選びでは先ほども少し触れたように使用する量が多くなるので経済的な面にも注意し、また顔以上にベタつきが気になる部分だけに使い心地も踏まえて選びたいところです。

 

スキンケア以外の方法では姿勢を見直してみましょう。とくに現代人はパソコンでのデスクワークの際に猫背になる、スマホ操作の際にうつむきになるといった姿勢の問題を抱えてしまいがちです。

 

加齢で肌のハリが失われているところに下を向いて首にシワを作る姿勢を続けているとその部分がクセになってそのまま戻らなくなってしまいます。

 

パソコンの猫背にしろスマホのうつむき姿勢にしろ知らず知らずのうちに陥ってしまうことも多く、日ごろから意識してよい姿勢を心がけましょう。

 

このようにスキンケアだけでは十分にケアしきれないのが首のケアの難しさ。リンパマッサージなども取り入れながら幅広いアプローチで対策を行っていきましょう。

コスメルジュ編集部が選んだ50代におすすめの美容液

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のしわ・たるみに!100%美容成分だけの高濃度美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

ヴィーナスプラセンタ原液

即ハリ実感!プラセンタを始め3大美肌成分を100%原液配合した無添加美容液
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

スキンケア ジェル NMバランス

スキンケア ジェル NMバランス

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

HAKU メラノフォーカスV

止まらない隠れジミの出現に!14年連続売上1の美白美容液
Web限定1ヵ月トライアルサイズ3,996円・税込(お試し20g+詰め替え用ボトル)
>>公式HPで詳しく見てみる!