アイラインが引きにくい・・まぶたのたるみを解消するには?

まぶたがたるむとどうしてもアイラインが引きにくくなってしまいます。ただでさえまぶたのたるみは目立つ上にアイメイクがうまくできなくなってしまうとますます老けた印象や疲れた印象になってしまいかねません。

目の周りの筋力を回復させるエクササイズなどを取り入れたい

そのためにもまぶたのたるみをうまく解消している対策を日々の生活の中でうまく取り入れていく必要があるわけですが、まずは筋力の回復を目指してみましょう。

 

目の周りにも筋肉があり、眼輪筋という筋肉がまぶたを動かしています。筋肉である以上老化の影響は避けられず、どうしても筋力が低下していきます。

 

すると肌を支える力が低下してたるみが起こるのです。この筋肉の衰えはまぶただけの問題ではなく、目の下の眼窩脂肪が突出してしまうなど目元全体のたるみとも深くかかわってくるだけに重要な点です。

 

ためしに瞬きをしてみて思うようにまぶたを動かせなかった、という方はこの筋肉が衰えている可能性が大なので要注意です。

 

筋肉だから衰えるのは避けられない、しかし一方で鍛えれば強化することも可能です。思いっきり目を開いた状態を5秒間キープし、続いて思いっきり目を閉じた状態を5秒間キープ、を繰り返すエクササイズがオススメです。

 

ちょっと見た目が恥ずかしいので一人でいるときに試してみるとよいでしょう。

コラーゲン生成を促す工夫や紫外線対策も忘れずに

それからやはりまぶたの肌のハリの低下もたるみの大きな原因です。これも加齢とともに避けて通れない部分ですが、スキンケアで改善していくことも十分可能です。

 

他の部分の肌と同じように真皮層のコラーゲンが減少することでハリが低下しているため、コラーゲンを直接補うよりも体内でコラーゲンの生成を促す対策が有効です。

 

レチノール、ビタミンC誘導体、ナイアシンといった繊維芽細胞を活性化させる働きを持つ成分をスキンケアでうまく取り入れていきましょう。

 

なおレチノールは優れた効果を備えている一方でやや刺激が強い面もあるのでまぶたをはじめ敏感な目元に使用する場合には負担にならないよう注意が必要です。

 

あとは紫外線対策。まぶたに日焼け止めを塗るのは難しい面もあるのでサングラスや帽子、日傘をうまく活用して紫外線を防ぎましょう。また保湿をしっかり行いバリア機能を維持することも紫外線対策の重要なポイントです。

 

こうした肌のたるみを改善する工夫をしつつ、血行不良や体の冷えなどでまぶたがむくまないよう注意していけばアイラインが引けるようなすっきりとしたまぶたへと改善していくこともできるはずです。

コスメルジュ編集部が選んだ50代におすすめの美容液

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のしわ・たるみに!100%美容成分だけの高濃度美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

ヴィーナスプラセンタ原液

即ハリ実感!プラセンタを始め3大美肌成分を100%原液配合した無添加美容液
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

スキンケア ジェル NMバランス

スキンケア ジェル NMバランス

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

HAKU メラノフォーカスV

止まらない隠れジミの出現に!14年連続売上1の美白美容液
Web限定1ヵ月トライアルサイズ3,996円・税込(お試し20g+詰め替え用ボトル)
>>公式HPで詳しく見てみる!