赤いほくろ・・老人性血管腫の原因とは?

肌に赤いブツブツができたら老人性血管腫の可能性があります。これは名前の通り老人(高齢者)に多く見られるものですが、必ずしも高齢者に限ったものではなく、早い場合には30代に発症することもあります。

紫外線によるダメージと物理的な刺激が原因とされている

腫という名称が使われていますがこれは毛細血管が増殖することで固まり(腫瘤)のことです。

 

なんらかの原因で血管が以上に増殖してしまった結果、固まりができてしまい、それが皮膚から浮かび上がったり、突出する形で赤いほくろのようなブツブツができるのです。

 

問題なのはどうして血管が以上に増殖するようなことが起こるのか?

 

じつはまだ詳しい原因に関してははっきりと解明されておらず、現時点では紫外線によるダメージと物理的な刺激、つまり引っかいたりぶつけたりしたダメージが指摘されています。

 

もともとこの症状は紫外線の刺激から肌を保護するメラニン色素が多い黒人に少なく、白人に多い傾向があることから紫外線の影響がとくに指摘されています。

 

そのためまず紫外線対策をしっかり行うことが重要です。日焼け止めはもちろん、帽子や日傘、サングラスなどで直接日差しをさえぎることができるアイテムもうまく活用しましょう。

敏感な状態を改善していく工夫や紫外線対策が必要

多くの方は日ごろからしっかり紫外線対策を行っているものですが、老人性血管腫ができてしまった場合にはそれが十分はない可能性があるので対策方法を見直してみること必要になるでしょう。

 

また、バリア機能が低下して慢性的に刺激に敏感な状態になっていたり、肌荒れを起こしていたりすると発症リスクが高くなるといわれています。アトピー性皮膚炎を抱えている方も同様です。

 

そのため乾燥肌・敏感肌の方は刺激に敏感な状態をなんとか改善していく工夫も求められます。

 

スキンケアでは保湿成分などバリア機能を改善する成分を補うほか、サリチル酸やグリチルリチン酸ジカリウムといった殺菌・抗炎症成分も取り入れてみましょう。

 

もちろん、バリア機能をみすみす低下させてしまうような誤った&過剰なスキンケアにも気をつけましょう。

 

良性なのでとくに治療の必要はありませんが、治すとなると医療機関でのレーザー治療など本格的な治療が必要になるケースもあります。

 

それだけにまずは予防が第一、自分の肌環境、とくに紫外線対策がしっかりできているかを一度見直し、とくに加齢による肌の衰えが気になる方はエイジングケアだけでなく、肌に負担をかけないケアができているかどうかもチェックしておきたいところです。

 

顔だけでなく背中など全身にできるので顔だけにとどまらないケアも必要です。

コスメルジュ編集部が選んだ50代におすすめの美容液

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のしわ・たるみに!100%美容成分だけの高濃度美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

ヴィーナスプラセンタ原液

即ハリ実感!プラセンタを始め3大美肌成分を100%原液配合した無添加美容液
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

スキンケア ジェル NMバランス

スキンケア ジェル NMバランス

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

HAKU メラノフォーカスV

止まらない隠れジミの出現に!14年連続売上1の美白美容液
Web限定1ヵ月トライアルサイズ3,996円・税込(お試し20g+詰め替え用ボトル)
>>公式HPで詳しく見てみる!