大人ニキビができやすい時のエイジングケアとは?

大人ニキビは思春期のニキビとはかなり事情が異なっており、原因をよく確認したうえで対策を行っていく必要があります。とくにニキビ対策とエイジングケアの両方を行っていきたい場合にはよい影響を与え合い、悪い影響をできるだけ避けるための工夫が大事です。

大人ニキビができているときにエイジングケアを行うと却って老化が加速することがある

50代美容液

悪い影響で注意したいのはやはりエイジングケアがもたらす肌への刺激です。大人ニキビは炎症を起こしてしまっている状態ですから、化粧品を使用すると過剰な刺激を与えてしまいかねません。

 

その結果活性酸素が増加してますます老化が加速してしまうこともあるのです。ニキビと炎症の状況によってはまず集中的にニキビ対策を行って炎症を改善した後にエイジングケアに取り組むといった姿勢も必要です。

 

それから肌の状況もチェックしておきましょう。大人ニキビ、とくに30代以上になってできるニキビは老化の影響で生じた肌質の変化が影響している可能性が大です。20代までのニキビは皮脂の過剰分泌がおもな原因で、毛穴を詰まらせることで雑菌が繁殖することによって生じます。

 

ところが年齢を重ねるとまったく逆のパターン、油分が不足した乾燥がニキビの原因になることが多いのです。乾燥とともにバリア機能が低下すると雑菌への抵抗力が低下しますし、毛穴の柔軟性が失われると洗顔の際に毛穴の奥の汚れを除去しにくくなるのでニキビができやすい環境になります。

 

そのため保湿対策をまず重視したエイジングケアでニキビ対策も併せて行っていきましょう

大人ニキビができた時は殺菌・抗炎症成分やターンオーバー活性化成分が有効

50代美容液

また乾燥した肌はちょっとした刺激ですぐに炎症・ニキビができやすい状況ですから、殺菌成分や抗炎症成分で雑菌の繁殖を防ぐ対策も重要なポイントです。

 

この対策で雑菌を抑えることができればスキンケア製品の使用で肌を傷めてしまうリスクが少なくなり、よりケアの幅を広げることができます。

 

後はターンオーバーの活性化。年齢を重ねてターンオーバーの乱れが生じると炎症を起こした部分がいつまでも留まり続けて回復が遅れますし、排出されずの蓄積した角質をエサに雑菌が繁殖していきます。

 

プラセンタエキスやEGFといった角質細胞の働きを活性化させる成分をエイジングケアで補っていくことでこうした問題をうまく改善していくよう心がけましょう。

 

もうひとつ、過剰なケアを避けるのも忘れてはならないポイントです。塗付する際の摩擦の刺激はもちろん、欲張ってあまり多くの美容成分を補おうとすると肌への負担が大きくなってしまうので要注意です。シンプルなケアで最大限のケアを行う、そのために必要な成分をあらかじめ厳選したうえで補っていける製品を選んでいく工夫が必要です。

50代で使ってみたい美容液口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ50代におすすめの美容液

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のしわ・たるみに!100%美容成分だけの高濃度美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

ヴィーナスプラセンタ原液

即ハリ実感!プラセンタを始め3大美肌成分を100%原液配合した無添加美容液
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

スキンケア ジェル NMバランス

スキンケア ジェル NMバランス

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

HAKU メラノフォーカスV

止まらない隠れジミの出現に!14年連続売上1の美白美容液
Web限定1ヵ月トライアルサイズ3,996円・税込(お試し20g+詰め替え用ボトル)
>>公式HPで詳しく見てみる!