ファンデーションやBBクリームでもエイジングケアができる?

エイジングケアの基本は基礎化粧品を行っていくことです。化粧水で肌を整え、美容液で保湿成分や抗酸化成分をはじめとした有効成分を補い、乳液・クリームで油分を補って表皮にフタをする。この流れをどれだけ効果的に行っていけるかどうかでエイジングケアの結果が決まってくるといっても過言ではありません。

基本的にファンデーションやBBクリームでのエイジングケアは期待できない

50代美容液ハンドクリーム

ただ、現在では技術の進歩などもあってエイジングケアのアプローチも多様化しています。一方、乾燥肌・敏感肌の方は刺激に敏感な分エイジングケアをあまりできない問題も抱えています。

 

冒頭で挙げた基本的な手順が理想的なのですが、ケアの負担や手間を避けながらしっかりとケアを行っていける環境づくりも大事なのです。

 

ではこれまでエイジングケアのアイテムとして注目されることが少なかったファンデーションやBBクリームで老化対策を行っていくことができるのでしょうか?できるなら一石二鳥、基礎化粧品の負担を避けたうえでこれらのアイテムでケアしていくことができます。

 

ただファンデーションはもともとメイクをするためのもの、ケアというよりもむしろ肌に負担をかけてしまうイメージがあります。またBBクリームは老化を防ぐと言うよりも老化によって生じてしまったシミやシワをうまくカバーしていくためのアイテムというイメージの方が強いでしょう。

 

ですからこれらのアイテムでエイジングケアを行っていく場合にはこうしたイメージを覆すような製品を探していくことが大事です。

BBクリームは摩擦を最小限に抑えられUVカット効果のある物ならエイジングケアに役立つ

50代美容液ハンドクリーム

まずファンデーションですが、基本的にはこのアイテムでエイジングケアをするのはお勧めできません。保湿成分や美白成分が配合された製品もありますが、あくまでオマケ程度といったもので、これがあれば美容液や化粧水でのケアは必要ないというほどのものではありません。

 

こうした有効成分が配合されているかどうかを重視して選ぶくらいならできるだけ老化で敏感になった肌に負担をかけない低刺激なものを選んだほうがよいでしょう。

 

一方BBクリームではまずオールインワン化粧品としてのメリットをチェックしておきましょう。1本でさまざまな役割を兼ねている製品が多く、摩擦による負担を最小限に抑えるのに役立ちます。また保湿成分が配合されている製品もありますが、それよりもむしろUVカット効果を重視するのがおすすめです。

 

BBクリームで紫外線対策を行うことができれば日焼け止めの負担を最小限に抑えることができます。このように限定つきではあるものの、これらのアイテムでエイジングケアを行っていくことができるので正しい製品の選択や使い方を心がけた上で役立てていきたいところです。

50代で使ってみたい美容液口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ50代におすすめの美容液

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のしわ・たるみに!100%美容成分だけの高濃度美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

ヴィーナスプラセンタ原液

即ハリ実感!プラセンタを始め3大美肌成分を100%原液配合した無添加美容液
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

スキンケア ジェル NMバランス

スキンケア ジェル NMバランス

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

HAKU メラノフォーカスV

止まらない隠れジミの出現に!14年連続売上1の美白美容液
Web限定1ヵ月トライアルサイズ3,996円・税込(お試し20g+詰め替え用ボトル)
>>公式HPで詳しく見てみる!