海外コスメでエイジングケアするときの注意点は?

海外コスメが注目を集める機会が増えています。

 

一時期韓国のコスメがブームといってもいいくらい人気を博しましたし、ネット通販の普及によって海外コスメの情報が入手しやすく、購入も手軽にできるようになったのも注目を得ている大きな理由でしょう。

海外コスメは配合できる成分や量の制限が国内コスメとは大きく異なりメリットとなることも

海外コスメには国内メーカーにはないいろいろな魅力・メリットがあります。日本のメーカーのコスメはクオリティは高いのですが、どれも似たようなものが多く差別化が難しいという難点もあります。

 

またどうしても特定の成分や目的に注目が集まるとそれに関連した製品ばかりが市場に並ぶといったいかにも日本ならではの事情も見られます。

 

ただ肌質も抱えている悩みもひとそれぞれ、とくに50代ともなればひとりひとりの肌環境が大きく違いますから、「みんな同じ」なコスメでは需要を満たせない部分も出てくるのです。

 

そんな時に多様な選択肢がある海外コスメはとても魅力的な選択肢となります。

 

また日本は薬事法が厳しく、化粧品に配合できる成分の範囲や使用量が制限されています。

 

それが安全性に結びついているわけですが、一方でせっかくの有効成分の効果が十分に得られないという難点ももたらしているのです。

 

深刻なトラブルを抱えている人からすると「この成分がもっとたくさん配合されていればもっと効果が得られるかもしれないのに」と不満を覚えやすいともいえます。

日本人の肌質に合わせていない、成分表示の義務がない、など懸念材料も多数ある

ただこうしたメリットは注意点とも密接に関わっています。少し触れたように薬事法の制限が厳しいからこそ安全に使用できる面もありますし、もともと日本人の肌は繊細で敏感と言われており、そんな日本人にとって海外コスメは刺激が強い傾向が見られます。

 

効果にばかり目を向けて安易に使用すると肌荒れなどのトラブルを抱えてしまう恐れがあるのです。また海外の人たちの肌に合っても日本人には合わない製品の場合、海外での評判や口コミがアテにならないという難しさも抱えています。

 

どんな成分が含まれているのがわからないというのも注意点のひとつです。言葉の壁だけの問題ではなく、日本のようにすべての成分を表示することを義務付けられている国は少なく、海外コスメは「何が使われているかわからない」製品が多いのです。

 

敏感肌・乾燥肌の方はちょっとした刺激やアレルゲンとの接触で肌荒れを起こしてしまうリスクを抱えているので安易に海外コスメを使用するとトラブルに見舞われてしまうことがあるのであまりお勧めできません。

 

このように50代にとって海外コスメはメリットよりも不安点の方が多いというのが実際のところです。使用する際には製品内容をよく確認し、安全性を確かめたうえで判断するよう心がけましょう。

50代で使ってみたい美容液口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ50代におすすめの美容液

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のしわ・たるみに!100%美容成分だけの高濃度美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

ヴィーナスプラセンタ原液

即ハリ実感!プラセンタを始め3大美肌成分を100%原液配合した無添加美容液
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

スキンケア ジェル NMバランス

スキンケア ジェル NMバランス

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

HAKU メラノフォーカスV

止まらない隠れジミの出現に!14年連続売上1の美白美容液
Web限定1ヵ月トライアルサイズ3,996円・税込(お試し20g+詰め替え用ボトル)
>>公式HPで詳しく見てみる!