50代で使ってみたいシミ対策美容液にはどのようなものがある?

シワと並んで50代の厄介な肌トラブルとなるのがシミです。30代後半くらいから目立ち始めるケースが多いのですが、50代になると次々と新しいシミができてしまったり、どんどん濃くなってしまうなど悩みが深くなります。

シミへの対策としては、予防なのか、できてしまったシミを何とかしたいのかをまず確認

レーザー治療など医療機関で治療・改善する方法もありますが、やはり対策の基本は自宅でのスキンケア。特に美容液をうまく活用することが大事です。

 

では50代のシミ対策では美容液にどういった効果を期待すればよいのでしょうか。この点に関してはシミがどの程度濃くなっているかがまずポイントです。

 

つまり、予防も含めて対策を行っていきたいのか、まずできてしまったシミを何とかしたいのかで対策方法が異なってくるのです。前者の場合は加齢によって乱れたターンオーバーを活性化させることがまず大事です。

 

そのためにも抗酸化成分が充実した美容液選びが鍵となります。ビタミンC誘導体、ビタミンE、ポリフェノール、あるいはフラーレンやEGFといった肌の再生を促す成分もチェックしておきたいところ。

50代で今あるシミを対処したい場合はハイドロキノンやアルブチン配合の美容液を選ぶ

50代美容液シミ美容液選び

一方すでに生じたシミを何とかしたい場合には美白成分の使用が効果的です。ハイドロキノンやアルブチンといった美白成分には沈着を起こしたシミを直接薄くする効果があります。

 

ターンオーバーの活性化によっても薄くすることもできますが、シミが濃くなってしまった場合には充分な効果はあまり期待できません。これら美白成分にはシミの直接の原因となるメラニン色素の生成を抑制する効果もあるため予防にも役立ちます。

 

こうなると理想的な選択肢のように思えますが、肌への刺激が強く、あまり乱用しすぎると逆に塗布した部分が白くなってしまうといった問題点もあります

 

とくに乾燥で肌が敏感になっている人は注意しましょう。なお、より低刺激な新安定型ハイドロキノンという新しい成分を配合した美容液も登場しているのでチェックしてみるとよいでしょう。

 

理想としては保湿効果と抗酸化作用で肌の老化を防ぎ、メラニン色素を沈着させない環境を整えたいところ。ただすでにシミが多く、濃くなってしまった場合には肌質との相性も踏まえた上で美白効果を用いる。これが50代シミ対策における美容液選びの基本となるでしょう。

50代に選ばれているシミ対策の美容液は?シミ美容液口コミ人気ランキング

コスメルジュ編集部が選んだ50代におすすめの美容液

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のしわ・たるみに!100%美容成分だけの高濃度美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

ヴィーナスプラセンタ原液

即ハリ実感!プラセンタを始め3大美肌成分を100%原液配合した無添加美容液
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

スキンケア ジェル NMバランス

スキンケア ジェル NMバランス

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

HAKU メラノフォーカスV

止まらない隠れジミの出現に!14年連続売上1の美白美容液
Web限定1ヵ月トライアルサイズ3,996円・税込(お試し20g+詰め替え用ボトル)
>>公式HPで詳しく見てみる!